成功法則(マインドマップ)

マインドマッピング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

手描きのマインドマップの例
手描きのマインドマップの例
マインドマップのガイドラインについてのマインドマップ
マインドマップのガイドラインについてのマインドマップ
マインドマッピング(Mind Mapping)もしくはマインドマップ(Mind Map)は、トニー・ブザンが提唱した、図解表現技法の一つである。ちなみに「マインドマップ」という呼称は、日本国内においてブザン・オーガナイゼーション・リミテッド社によって商標登録されている。

目次

[非表示]

[編集] 概要

表現したい概念の中心となるキーワードやイメージを図の中央に置き、そこから放射状にキーワードやイメージを繋げていくことで、発想を延ばしていく図解表現技法。この方法によって複雑な概念もコンパクトに表現でき、非常に早く理解できるとされ、注目され始めている。 人間意味ネットワークと呼ばれる意味記憶の構造によく適合しているので、理解記憶がしやすい。
本来はペンで描くものだが、コンピュータ上で描くための専用ソフトウェアもいくつか存在する。No.1シェアソフトは、MindManagerである。

[編集] 備考

提唱者のトニー・ブザンは、マインドマッピングについて12のルールを定めており、「それに従っていないものはマインドマップとは呼べない」と主張している。しかし現実には、このルールに従っていない自称「マインドマップ」が、書籍などでも数多く流通している。平成18年10月、ブザン・ワールドワイド・ジャパン株式会社が設立され、公認インストラクターによるセミナー事業が開始された。

[編集] ソフトウェア


[編集] 関連項目


[編集] 参考文献


[編集] 外部リンク

 
関連
  • mindmap.jp - マインドマップ作成方法の日本語訳など
posted by xyzkei at 14:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成功法則(参考)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。