成功法則(NLP・神経言語学プログラミング)

神経言語プログラミング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: ナビゲーション, 検索
神経言語プログラミング (しんけいげんごぷろぐらみんぐ, 神経言語学的プログラミングとも, Neuro-Linguistic Programming: NLP) ジョン・グリンダーとリチャード・バンドラーの二人によって提唱されたもので、催眠療法のミルトン・エリクソン、ゲシュタルト療法のフレデリック・パールズ、家族療法のバージニア・サティアの、3人の心理療法家が意識的・無意識的に用いていたテクニックを体系化したものだとされる。 その後、ジョン・グリンダーは優れた人物の体系化そのものの技術(モデリングという)に焦点を当てて、New Code NLPを創始した(既存のものをOld Codeと呼んで区別した)。 カルトとされることもあり、現在ドイツでは神経言語プログラミングを教育に用いることを禁止している。
 

[編集] 参考文献

  • グリンダー & バンドラー 『催眠誘導―エリクソン・メソード決定版』 ISBN 4795234930
  • コニリー・アンドレアス & スティーブ・アンドレアス 『心の扉をひらく―神経言語プログラミング実践事例集』 ISBN 4489004648
  • テレンス・ハインズ 『ハインズ博士「超科学」をきる―真の科学とニセの科学をわけるもの』 (いわゆる「眼のアクセシング・キュー」が実験的には否定されていることを中心に、批判的に言及) ISBN 4759802754
 

[編集] 関連項目

  • ポール・マッケンナ
 

[編集] 外部リンク

  • Skeptic's Dictionary 神経言語プログラミング
posted by xyzkei at 15:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成功法則(参考)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック