成功法則(ブログ)

ブログ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: ナビゲーション, 検索
ブログ (Blog) とは、狭義にはウェブ上のウェブページのURLとともに覚え書きや論評などを加えログ(記録)しているウェブサイトの一種。「WebをLogする」という意味でWeblog(ウェブログ)と名付けられ、それが略されてBlog(ブログ)と呼ばれるようになった。

目次

[非表示]
  • 1 概要
  • 2 ブログの分類
  • 3 ブログとRSS
  • 4 日本におけるブログ
  • 5 ブログが抱える問題
  • 6 ブログと犯罪
  • 7 アフィリエイト広告とFlog
  • 8 ブログと選挙活動
  • 9 中国におけるブログ
  • 10 ブログを公開するための主なソフトウェア/サービス
    • 10.1 サーバソフトウェア
    • 10.2 サービスサイト
    • 10.3 ソフトウェア型
    • 10.4 ブログ検索エンジン
    • 10.5 ブログランキングサイト
  • 11 ブログパーツ
    • 11.1 ポータルサイト
  • 12 ブログを扱ったテレビ・ラジオ番組
  • 13 関連項目
 

[編集] 概要

ブログの始まりは、英語圏のウェブにおいて、自分が気になったニュースやサイトなどのURLを、寸評つきで紹介したこととされる。その後、Blogger、Movable Typeなどのブログ用のツールが出現した。イラク戦争の時には現地から更新されるブログが話題となり、その知名度を大きく引き上げる結果となった。
現在、より頻繁に用いられている広義には作者の個人的な体験や日記、特定のトピックに関する必ずしもウェブに限定されない話題などのような、時系列で比較的頻繁に記録される情報についてのウェブサイト全般を含めてブログと呼称する。このようなウェブサイトの作成機能を提供するソフトウェアやサービスなどを指して呼ぶ場合もある。又、SNSやブログや口コミメディアを総称してCGMと呼ぶこともある。
ウェブサイトとしての体裁は主として管理者が記事を投稿する私的ニュースサイト的なものが多い。ブログを投稿する特定の方法に限定されないが、ブログ向けのソフトウェアがあり、それをレンタルやダウンロードをして使えば、HTMLを知らなくてもWebブラウザから手軽に情報の発信・更新ができる。それぞれの項目にはタイトルがつけられ、時間軸やカテゴリで投稿を整理、分類する構造となっている。用途は広く、個人の日記的なものから、手軽な意見表明の場として、時事問題などについて論説するものもある。
トラックバック機能などを通じて形成されるコミュニティを指してブログ界(Blogosphere)とも呼ばれる。ブログの更新者は有名人から一般市民まで様々であるが、彼らブログの更新者のことを一般にブロガー(blogger)と呼ぶ。
 
 

[編集] ブログの分類

携帯電話などのモバイル端末を使用しメールを送信して更新するブログはモブログ(moblog)、写真画像を主体として更新されるブログはフォトログ(photologfotolog)、ビデオコンテンツを配布するビデオブログはブイログ(ないしヴログとも)(Vlog)、アダルトコンテンツを扱うブログはエログ(elogerog)、自分の持っている書籍のISBNコードを使って登録すると自動的に本棚にその本が置かれる本専用のブログをブクログ(一部、ブクログではCDやDVDのISBNコードを利用して登録し表示させることも可能)と呼び、通常、投稿にはテキストやイメージが添えられる。
 

[編集] ブログとRSS

多くのブログシステム(サービス)はRSSフィードやAtom(以降、特に断りがなければRSSとはこれら2つを指す)を使って更新を自動通知したり、トラックバック機能を使用して、他のブログからの引用やリンクを自動で行えるなどの充実した編集機能が備わっている。RSSによるXMLを使った定型での情報配信は、それぞれのブログから配信されるRSSを自動巡回サービスで取りまとめて、更新があったときにユーザに通知するサービスを生み出した。また、データ配信の形が定まっているため、ニュース配信も容易で、大手のマスコミがニュースをRSSで配信し始めるようになった。
 

[編集] 日本におけるブログ

日本ではブログという言葉はなじみの薄いものであり、すでに世界最大級の電子掲示板集合体2ちゃんねるやスラッシュドット日本語版があってコミュニケーションサイトとして浸透していたことで、日本でブログが広まるのかという懸念はあったが、ツールの日本語化などにより、2002年ごろから急速に広まった。日本独特の進化を遂げたブログとして、携帯電話からの写真付投稿等に対応したブログ(Mobile Blog)がある。
ブログという言葉が日本で普及する以前から、日本にはウェブサイトやWeb日記、個人ニュースサイトといったジャンルのサイト、およびそれに付随するコミュニティが存在した。係る背景から日本ではブログという言葉はサイトのジャンルというよりも、ブログ向けのツールを使って作られたサイトを指すことが多い。また、ホームページビルダーなどで作成されたニュース・日記系サイトが、ブログ用ツールでの作成へと移行するケースも多い。
今現在の状況としてブログは市民権を得ており、最近では人気タレントや政治家、その他著名人などによるブログも増加し、着実に普及している。特に角界では現役力士・若手親方(現役時代からやっているケースがほどんど)や部屋単位で開設するケースが目立つ。その中でも普天王は著名である。2006年3月末の日本でのブログ利用者数は2,539万人に達するという総務省の発表[1]や、2005年から2006年にかけて2倍以上に増加しその数は2000万人を超えているというITmediaの調査報道[2]もある。また、日本のブログは投稿数が多いのが特徴であり、 ブログ検索サービスを提供する米テクノラティが4月5日に発表した調査結果によると,2006年第4四半期は世界のブログ投稿数の37%が日本語によるもので,事実上の世界標準語である英語や,母語人口で世界最多の中国語を抑えての1位であったという報道[3]もある。
なお、少し改造すれば普通のサイトとして運営も可能なため、更新の簡便性からもブログそのものをサイトとしているケースも多い。
 

[編集] ブログが抱える問題

知識や意欲がない者や、時には触法行為など何らかの問題のある意図を持っている者などでも簡単に開設できてしまうために、情報発信者の裾野が広がるとともに知的水準の低下と倫理観の欠如などの弊害が顕著となった。多くのブログは日記形式である為、個人的な日記に書くような感覚で、普段では言えないような自身の不道徳な行為(タブーに関する発言など)、企業の内部情報や機密情報なども暴露してしまう場合がある。それが2ちゃんねるなどに転載されて「炎上」してしまい、当該のブログの閉鎖のみならず、ブログがきっかけで仕事を解雇される、企業が取引先より取引を打ち切られるケースが存在している。情報漏洩を防止する為にIBMでは社内でブログに関するマナーのマニュアルが作られるなど、ブログに対して危機感を抱いている企業は少なくない。
これがさらに進むと、ブログそのものをリスク要因と捉えて、社員に対してブログで業務に関連した一切の事項を書く事を罰則付きで禁止している企業や、社員の脱ブログ化を進める企業も存在する。
また、個人の日記といった、他人にとってはまったく情報としての価値を持たないものが、ウェブの検索で大量に引っかかる様になり、意図していない形とはいえ検索エンジンスパムとなっている。


この他、嫌がらせや政治的な意図、あるいは単純に愉快犯的な目的、ブログへの耳目を集める事などを目的としたおたくバッシング、他にもブログの持ち主の偏った思想・性癖・妄想などにより、ブログに恣意的に誇大に書かれた内容やそもそも虚偽である内容が、ニュースサイトや2ちゃんねる、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(ソーシャルブックマーク)、さらにはマスコミをも巻き込みながら伝言ゲーム式に転載されてゆき、その結果、些細な事実や実際には起きていない問題があたかも大きな社会問題を起こしている事実として社会の害悪の様に扱われ、それに携わる者たちなどが大きな迷惑や場合によっては損害を被る事もある。

 

[編集] ブログと犯罪

ブログは、犯罪の契機そのものとなる可能性、犯罪が露見する可能性を含む。次はその例である。
  • 佐世保小6女児同級生殺害事件:被疑者のブログにおけるトラブルが殺害事件を起こすひとつのきっかけであったと言われている。
  • タリウム事件:2005年11月に発生した事件であり、加害者の女子高生が、被害者である母親が弱っていく様子をブログで実況し、グレアム・ヤングを崇拝しているなどと書いていた。
 

[編集] アフィリエイト広告とFlog

最近では、アフィリエイト広告などを貼り収入を得ているブログ利用者も多く増えてきている。最近では企業も宣伝の為にブログを利用するケースも増えており、ブログ利用者に対し企業が商品を提供し宣伝を書いてもらう広告なども存在している。アメリカでは、企業が個人になりすまして商品の宣伝広告を記事にしたことが判明し、2006年12月、やらせサイトやブログに関して規制する法案が連邦取引委員会に提出されるまでの騒ぎとなった。日本ではNHKがニュース番組でこのことに触れ、企業が商品を提供し宣伝を書くことがあると伝えたところ2ちゃんねるでは「企業がサクラを雇っている」と取られてしまい、NHKが取材したブログが炎上する結果となってしまった。英語版Wikipediaによると、英語圏では「やらせブログ」のことをFlog(Fake blog, Flipped blog)と表現するという。
 

[編集] ブログと選挙活動

2004年の米大統領選挙ではハワード・ディーンを始めとする民主党陣営が積極的にブログを活用した。ちなみに日本でも2005年に行われた第44回衆議院議員総選挙でもブログを活用する動き(ネット選挙)があったものの、ブログを含めたウェブページは「(新たな)文書図画の頒布による選挙運動」と見なされ、公職選挙法によって候補者のウェブサイトは選挙告示以降の更新が停止されるという問題があり、あまり活用はされなかった。なお、この点については2007年現在、解禁されるべきかどうか議論が行われており、また現行法の枠内でも投票を呼びかけなければ(つまり選挙に関係ない一般的な話題であれば)更新してもよいのではという意見もある。
 

[編集] 中国におけるブログ

現在中国ではインターネットの普及とともにブログも増え始めており、2007年にはブログ利用者は1億人を越すものとみられている。中国においては、ブログは一般のWebサイトと同様ネット検閲されており、中国政府の厳しい統制下に置かれている(詳細は中国のネット検閲を参照)。
 

[編集] ブログを公開するための主なソフトウェア/サービス

 

[編集] サーバソフトウェア

自分でサーバ上に設置するもの。低いレイヤ(OSの管理者特権を持っていればそのチューニングまで可能)でのカスタマイズができる。使用されている言語はPerlやPHP、Java Servletなど多岐にわたる。
  • Movable Type - シックス・アパート社が開発。Perl/PHP + 各種DB製。今ではWordPressにトップの座を奪われているものの主に日本で普及。
  • Nucleus CMS - オープンソース
  • WordPress - 世界で最も普及しているオープンソースのPHP + MySQL製ブログツール。再構築の手間がかからない点が利点。
  • Tattertools
  • Apache Roller - サン・マイクロシステムズのデーヴ・ジョンソンらが開発しているオープンソースのJava製ブログツール。データベースにはMySQLを主に使うが、PostgreSQLなどもサポートされている。Apache公式プロダクトのひとつである。
  • Blogn(ぶろぐん)
  • BlognPlus(ぶろぐん+)
  • WebFrog Blog - PHPで書かれたブログツール。DB不要。インストールが簡単なのが特徴。
  • blosxom - オープンソースのPerl製ブログツール。
  • blojsom - blosxomから派生したオープンソースのJava製ブログツール。
  • pyblosxom - Pythonで書かれたblosxom派生ブログ。
  • LifeType
 

[編集] サービスサイト

Webサービス型。特にサーバソフトの設置をする必要はない。カスタマイズはサービスとして提供されているものに限られる。
  • Windows Live Spaces
  • gooブログ
  • Blogger
  • ブログ人
  • CURURU
  • FC2ブログ
  • アメーバブログ
  • JUGEM
  • 音空ブログ
  • Livedoor blog
  • DTIブログ
  • maglog
  • So-net blog
  • Seesaa ブログ
  • ココログ
  • 忍者ブログ
  • はてなダイアリー
  • ドリコムブログ
  • HARMONYブログ
  • ワブログ
  • at-smileVideoBlog
  • yaplog!
  • PRESS9
  • ウェブリブログ
  • ナビータブログ
  • au one ブログ
  • ドリブロ
  • ダイエット☆マメグラフ
  • チェスト!
 

[編集] ソフトウェア型

  • iWeb
  • Thingamablog
 

[編集] ブログ検索エンジン

ブログ検索に特化したサービス。RSSないしトラックバックPING収集型が多い。最近は通常の検索エンジンでサポートされつつある。テクノラティやGoogleブログ検索などがある。
 

[編集] ブログランキングサイト

  • 人気blogランキング
  • にほんブログ村
  • ブログ王
  • チャンプdeGoGo!
  • ブログランキングくつろぐ
 

[編集] ブログパーツ

ブログパーツとはブログに貼る小さなパーツのこと。ブログの機能性向上やデザイン性向上のために貼り付けるのが主な目的。プラグイン形式で提供されるものがほとんどである。
 

[編集] ポータルサイト

ブログパーツを集めたポータルサイト。
  • ブログパーツランド(ブログパーツポータルサイト)
  • サイバーステッカー.jp(懸賞付きブログパーツ(サイバーステッカー)のポータルサイト)
  • ブロパレ(ブログパーツ比較サイト)
 

[編集] ブログを扱ったテレビ・ラジオ番組

  • 眞鍋かをりのブログッズ(BS日テレ) - 番組ブログとリンクさせ、進行する情報番組
  • ブログタイプ(フジテレビ、終了) - ブログを元にした再現ドラマを放送
  • ブジオ!(TBSラジオ、終了) - ブログを使って番組進行をする
  • ブログの女王(テレビ東京、終了)
  • つながるテレビ@ヒューマン(NHK総合テレビ)
  • Blog TV(TOKYO MX)
  • BLOG@GIRLS(BS-i)
  • うぇぶたまww(テレビ東京)
 

[編集] 関連項目

  • 日記
  • ブロガー
  • ブロゴスフィア
  • 成功報酬型広告
  • ブログの女王
  • ブログの歌姫
  • フィード(RSS、Atom等)
  • トラックバック
  • 炎上 - ブログのコメント欄に、批判的なコメントが殺到している状態
  • Consumer Generated Media
  • web写真
  • ソーシャル・ネットワーキング・サービス
  • 日本ブログ協会
posted by xyzkei at 15:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成功法則(参考)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。